財布メンズの日本製!使ってわかる長財布の魅力にせまる

財布メンズの日本製!ココマイスターの人気財布をみてみる

 

 

財布メンズの日本製!使ってわかる長財布の魅力にせまる

 

「財布は春に買うとお金が貯まるのよ」と母に言われて毎年春に財布を新調していましたが
ある程度の年齢になってくると、やっぱり良いものを長く使いたいと思うようになり
ずっと革製の二つ折り財布を愛用していました。
愛着のある品だったのでずっと使っていたかったのですが、やはり毎日使うものなので
あちらこちらがほころびたりしてきて、ついに買い換えをすることになりました。
やっぱり財布メンズの日本製というポイントを重要視して選ぼうと思いました。

 

まず二つ折り財布というのはデザインが様々で
小銭入れがファスナーだったりホックだったりがま口だったり、
お札入れを開いたときに小銭入れの向きが上になったり下になったり・・・と
なかなかずっと使い続けた財布と近い感触のものにめぐり合えません。
革の財布を使い続けて、味のある飴色になっていく過程を知っているので
次も革を!とおもって探しているので、なおさら範囲は狭まって気に入るものが見つかりません。

 

結局いつまでたっても古い財布を使っているのを見かねた家内がプレゼントしてくれたのが、初めての長財布でした。
今まで、カバンの中で幅をとるようなイメージがあって長財布は使ったことがなかったのですが
好みの色の革財布でしたし、せっかくもらったものだから・・・と使うようになってびっくり。
日本製は、やはり縫製ですとか品質がいいですね。外国製とは違いますね。

 

幅をとるから、というのは思い込みだったようで
カバンの中の狭い隙間にもするりと入ってくれるので、二つ折り財布のころより荷物はスッキリ。
お札を折らずに収納するので財布自体の厚みも抑えられてスマートに。
レシートもたたまずに入れておけるので、財布から出して整理をするときにもくしゃっとならずに助かります。
普段持ち歩くカードが多いのでいつも財布が膨らんでしまうのですが
長財布だとカード同士が重なるところが少ないので、たくさんカードを入れているはずなのに財布が太りません。

 

目からうろこ、な体験をしてすっかり日本製の長財布ファンになってしまいました。
もうすぐ新春ですが、今年は財布を捜して奔走しなくてすみそうです。

 

 

151515151