男性財布のプレゼント文句を言わせない、パーフェクト財布を発見!

 

 

男性財布のプレゼント文句を言わせない、パーフェクト財布を発見!

 

主人は日頃から、見た目を気にするおしゃれさんです。男のくせに、とちょっと引くぐらいいろんなこだわりがあるらしく、プレゼントにはいつもとても気を使います。でも、いつも仕事を頑張ってくれているから、今年の誕生日はちょっと奮発して、主人の喜ぶものをと思って探し始めました。去年の私の誕生日には、黒のブランド財布をプレゼントしてくれたので、今年はお返しに男性財布のプレゼントもいいかなと、すぐ思いついたのですが、これが意外と難しい。

 

男性財布のプレゼントって、洋服のように目につくものではないですが、洋服のように毎日着替えることができないですよね。毎日持ち歩くものだからこそ、気に入らなければ使ってくれない。そのとき前に主人が「財布をポケットに入れるとボコッとなって嫌だ」と言っていたのを思い出しました。鞄を持たないとき、主人はジーンズのお尻のポケットなんかに財布を入れてでかけるのです。「薄い財布」ってあるのかな。検索して見つけたのが「スーパークラッシック」でした。薄い財布アブラサス、これいい!見たとたんにそう思いました。指でつまめるくらいの薄さ、カードケースのようです。ズボンのポケットに入れてもまだ余裕があるくらい。ポケットにきちきちに入れると、財布の角がいたむんですよね。

 

男性財布のプレゼントするうえで不安だったのは、こんなに薄くてお金やカードがちゃんと入るのかということでしたが、二つ折りを開いた中身を見て納得です。うまく皮が重ならないように、最小限のフラップなどでデザインされていて、小銭もしっかり入るなんてびっくりでした。カードだって2〜3枚なら入りそうです。材質はエンボス加工の本皮で、品もよく、色もたくさんラインナップされています。こんなに揃うと、高いんじゃないのと、値段を調べると、ありました、ページの一番下に。税込み14950円。ほんとに?予算は10000円から15000円くらいかなと思っていたので、これだけ条件にぴったりなら、15000円でもまったく惜しくない。結局色で悩んだ末、シンプルに黒をチョイス。主人に内緒で選んだサプライズだったのですが、プレゼントを開けた時、最初は小ささにびっくりしていた主人も、中を開いてあちこち触ってみて、機能性に大満足。「これいいね」の言葉をもらって、私も大満足でした。

 

 

151515151